動画ニュース

白鷹町蚕桑小児童、繭から糸を取る「操糸」行う

(2012年11月07日)
 白鷹町蚕桑小(山川英俊校長)の3年生25人が7日、校内で飼育してきた蚕の繭から糸を取る「操糸(そうし)」を行った。微細だが丈夫で、白銀とも言える糸を巻き取り、感激の声を上げた。


このOSでは動画を再生できません