動画ニュース

冷水浸し、上質な味わいへ

(2017年01月20日)
 二十四節気「大寒」の20日、山形市上宝沢の不動沢で「山めん寒ざらしそば」の仕込み作業が始まった。山形麺類食堂協同組合(山川純司理事長)が市内産「でわかおり」の実を入れた網袋(計約3トン、2万食分)を沢水に浸し、上質な味わいになるよう願った。


このOSでは動画を再生できません