動画ニュース

米沢今昔、絵図で比較

(2018年04月05日)
 米沢藩9代藩主上杉鷹山が暮らした1769(明和6)年の街並みを描いた絵図をデジタル化し、現代の地図と比較するマップシステムを米沢市上杉博物館が導入し、館内の端末で5日から一般公開を始めた。将来的にはインターネット上に公開し、家庭のパソコンからも閲覧できるようにする考え。250年前と現在を見比べることで、鷹山が生きた時代がより身近な存在に感じられる仕上がりとなっている。


このOSでは動画を再生できません