動画ニュース

難所の迫力、びっくり

(2018年06月23日)
 山形新聞、山形放送の8大事業の一つ「最上川200キロを歩く 小学校探検リレー2018」は第7週の23日、村山市大久保小(石川重美校長)の4~6年生47人が、天童市と寒河江市を結ぶ村山橋から村山市の隼(はやぶさ)橋までの区間を歩いた。つり橋の上から穏やかに流れる最上川を眺め、橋を守るために欠かせない点検作業に挑戦するなど、教室では受けられない授業を体感した。


このOSでは動画を再生できません