県内イベント情報

2018年10月27日のイベント

<<10月26日のイベント
10月28日のイベント>>

山形 イベント  第41回私学フェスティバルは27日(土)午前10時半~午後2時、霞城セントラル前広場。県内私立高の生徒、教員、保護者らが私学教育の魅力を伝える意見発表、ダンス、書道パフォーマンスなどのステージを披露。学校紹介や飲食・販売のブースも。実行委員会023(645)5604。 >>
2018年10月13日掲載

山形 体験・教室  こけしの絵付け体験は27日(土)午前10時~正午、山形まなび館。講師はこけし工人の梅木直美さん。15センチほどのこけしに着色しオリジナル作品を作る。参加費800円。26日まで申し込む。同館023(623)2285。 >>
2018年10月20日掲載

山形 体験・教室  ネコをモチーフにしたカード作り教室と壁掛け作り教室は27日(土)午後2時半~4時、七日町3丁目のcafeBOX。制作時間はともに約1時間半。どちらかの教室を選び受講後は飲み物とミニスイーツを味わう。受講料はどちらも材料費など込み3500円。壁掛け作り受講希望者は好きな写真L判3枚を用意。道具は無料で貸し出す。山田さん080(4505)0210。 >>
2018年10月20日掲載

山形 体験・教室  子育てに悩む保護者を支援する「ペアレント・トレーニング・ワークショップ」は9月13日(木)から計8回、小荷駄町2の7の認定NPO法人発達支援研究センター。上手な褒め方や子どもの協力を引き出す方法などを学ぶ。13日以降は27日、10月11、25日、11月8、22日、12月6、20日の各木曜午後7時~8時半。定員8人。参加費8000円。9月3日まで申し込む。同センター023(623)6622。 >>
2018年8月25日掲載

山形 講座・講演  国際日本文化研究会主催の英語講演会は27日(土)午後2~4時、南部公民館。山形大のラインホルト・グリンダ准教授が「日本から見たドイツ、ドイツから見た日本」と題して講演。資料代として1000円。同会事務局の飯島さん023(632)0362。 >>
2018年10月20日掲載

寒河江西川 募集  JAさがえ西村山あぐりん・夢・プロジェクト事務局は11月10日(土)の婚活イベント「モゥモゥすき焼きとりんご畑で愛農結」に参加する独身女性12人を募集。当日は午前11時半~午後5時。JAさがえ西村山本所に集合し、西村山地域で農業を営む独身男性と西川町の出羽屋でランチ後、寒河江市でリンゴ狩りを楽しむ。参加費1人1000円。10月31日まで申し込む。同JA0237(86)8181。 >>
2018年9月15日掲載

寒河江 体験・教室  「ハーブとアロマの香り箱」講座は7月11日から12月12日まで毎月第2水曜の計6回、最上川ふるさと総合公園センターハウス。同公園指定管理者のさがえ・ふるさと共同企業体が主催。ハーブについて学び、せっけんやリップクリームなどを制作。各回午後7時開始で2品ずつ作る。受講料(全6回分)6000円と、別途材料代として毎回4000円必要。同公園0237(83)5195。 >>
2018年6月23日掲載

村山 イベント  んまいもんまつり&むらやまラーメンまつりは27日(土)午前11時~午後2時、甑葉プラザ。地元飲食店などがラーメン、もつ煮込み、焼き鳥、ソフトクリームなどを提供。同プラザなどで販売する前売り券は100円券11枚セット1000円。定期利用団体などのステージ発表も。NPO法人甑葉プラザネット0237(52)3531。 >>
2018年10月20日掲載

東根 イベント  「大けやきのある風景を描こう」写生大会は22日(土)午前10時、東根小校庭にある国指定特別天然記念物大ケヤキ周辺。市美術連盟会員の指導を受けながら描く。定員は120人程度。参加費は幼児~高校生200円、同伴の保護者300円、一般500円。クレヨンや絵の具、昼食持参。当日は「大けやき横綱鍋」を振る舞う。作品は10月27日~11月2日に本町商店街に飾る。参加申し込みは3日から14日まで。NPO法人大けやきフォーラム0237(42)0307、090(7324)0243。 >>
2018年9月1日掲載

東根 イベント  ハロウィーンスペシャルおはなしかいは27日(土)午後2時、まなびあテラス内の市図書館。職員や外国語指導助手(ALT)がハロウィーン関連の絵本の読み聞かせを行い、プレゼントや紙工作も。参加無料。市図書館0237(53)0227。 >>
2018年10月20日掲載

東根 イベント  第54回市総合文化祭は27日(土)~11月4日(日)、さくらんぼタントクルセンターとまなびあテラス。同センターは27日民謡、28日詩吟・剣詩舞と歌謡、2日三曲と謡曲、3日洋舞と日舞、4日大正琴と音楽の各ステージ発表。27、28日生け花、29~31日盆栽、2~4日にヒョウタン作品展示。3日茶会も。同テラスは期間中、書道や美術、俳句などの作品を紹介。市生涯学習課内の市芸術文化協会事務局0237(42)1111内線3537。 >>
2018年10月20日掲載

大石田 イベント  第22回町新そばまつりは27日(土)と28日(日)午前11時~午後1時半、桂桜会館。固有種ソバ「来迎寺在来(らいこうじざいらい)」を使った打ちたてそばを味わう。2杯分で前売り券1000円(当日券1200円)。両日とも1200人限定。町産業振興課0237(35)2111(代表)。 >>
2018年10月6日掲載

鶴岡 募集  雷文化都市構築推進委員会(事務局・市地域振興課)は第15回「雷」俳句・川柳コンテストの作品を募集。題詠は「雷」とし稲妻など雷を連想させる語を作品に盛り込むのが条件。俳句と川柳の一般、小中学生の計3部門。各部門3点まで投稿可。ファクスかはがきで31日まで申し込む。入賞作品は来年1月26日「雷サミット」で表彰。同課0235(25)2111内線586、ファクス0235(25)2990。 >>
2018年10月13日掲載

鶴岡 体験・教室  「せかいの台所」は27日(土)午前10時、出羽庄内国際村。フランス出身の講師からスパゲティボロネーズなど家庭料理の作り方を学ぶ。参加費1500円。定員10人で6日午前9時から電話予約を受け付ける。出羽庄内国際村0235(25)3600。 >>
2018年10月6日掲載

鶴岡 講座・講演  英語によるビジネス講座は10月6日(土)から全5回、東北公益文科大鶴岡キャンパス。東北公益文科大大学院の県寄付講座アジアビジネス人材養成講座の一環で、海外出身の同大教授らが日替わりで講師を務める。テーマは▽6日=経済学の切れ味▽13日=イノベーション▽20日=ビジネスの現場で使われる英語▽27日=経営戦略▽11月10日=世界経済におけるアジアの役割。各回午後5時から(11月10日のみ午後2時開講で3時半から情報交換会)。受講無料で5回通し受講を推奨。開催週の水曜まで申し込む。同大大学院0235(29)0555。 >>
2018年9月15日掲載

鶴岡 講座・講演  金峯山を愛する会の解説講座「金峯山歴史探訪」は27日(土)午後1時、湯田川コミュニティセンター集合。金峯修験の貴重な遺構で金峯山中腹にある藤沢岩屋洞窟(藤沢の岩屋)を訪ね、藤沢地区内の遺跡、石碑などを巡る。講師は市文化財保護審議委員会の酒井英一副会長。参加料500円。終了は午後5時ごろ。同6時ごろから市勤労者会館で開く懇親会参加希望者は別途2000円。20日まで申し込む。愛する会事務局0235(23)7863。 >>
2018年10月13日掲載

鶴岡 講座・講演  鶴岡致道大学公開講座は27日(土)午後2時、王祇会館。比較文明学会の原田憲一会長が「次世代に伝えたい減災の知恵と工夫」と題し、昔から伝わる防災の知恵、伝統技術などを現代科学の視点から検証。鶴岡総合研究所主催。受講無料。定員130人で申し込みが必要(致道大学受講生を除く)。市地域振興課内の同研究所事務局0235(25)2111。 >>
2018年10月13日掲載

酒田 イベント  若浜コミセン文化のつどいは27日(土)と28日(日)、若浜学区コミュニティ防災センター。27日午前9時半から園児による和太鼓と歌でスタート。同10時から平田地域特産赤ネギなどの即売、午後5時半から地元住民出演の演芸フェスティバルを予定。28日午前10時からバザー、午後2時からクラシックコンサート。若浜コミュニティ振興会0234(26)9060。 >>
2018年10月20日掲載

酒田 募集  希望ホール自主事業企画運営委員会などは俳優の佐藤志穂さん(市出身)が講師を務めるミュージカル・ワークショップの参加者を募集。ワークショップは11月17日(土)午後1~7時、18日(日)午前10時~午後4時の2日間、市総合文化センター。演技や歌、ダンスの基本を学んだ後、ミュージカル作品の一場面を演じるミニ発表会を行う。対象は両日参加可能な中学生以上で、先着25人。参加費は一般2千円、大学生以下千円(別途保険料200円)。希望ホール0234(26)5450。 >>
2018年8月4日掲載

酒田 講座・講演  「アートの力・宝は足下にある 酒田の明るい未来を話そう」は10月27日(土)午後1時半、市総合文化センター。市出身の写真家佐藤時啓さんと歌手白崎映美さん、津軽三味線奏者の岡田修さんによる座談会のほか、白崎さんと岡田さんのコンサートも。入場料は一般1000円、大学生以下は無料だが、同センターと希望ホールで配布する先着50人の招待券が必要。同ホール0234(26)5450。 >>
2018年9月29日掲載

米沢 アラカルト  西吾妻山の夏山開き・安全祈願祭は6月8日(金)午前10時、天元台高原「幸福の鐘広場」。8日から11月4日まで夏山登山用のロープウエー、リフトを営業。アルブ天元台0238(55)2236。 >>
2018年5月26日掲載

米沢 講座・講演  山形大公開講座は27日(土)午前10時、ナセBA1階。工学部化学・バイオ工学科4人、機械システム工学科3人の教授・准教授が「火災と爆発現象の科学」「マッコウクジラの謎に迫るロボットテクノロジー」などのテーマで研究内容を紹介。対象は中学生以上で定員60人。入退場自由で途中参加も可。同大米沢キャンパス総務課企画総務担当0238(26)3005。 >>
2018年10月20日掲載

南陽 イベント  友愛セールは27日(土)午前11時~午後2時、宮内認定こども園。園舎内で保護者らが持ち寄った食器や日用品、祖父母が作った漬物や果物を販売。園庭ではフランクフルトやチョコバナナ、うどんなどの屋台、1回50円の景品付きゲームコーナーも。同園0238(47)3039。 >>
2018年10月20日掲載

高畠 ステージ  チャリティー落語会は27日(土)午後2時、貞泉寺本堂。真打ちの春風亭昇乃進さんが2席を披露。チケットは前売りのみで1000円。仏教関係者などでつくる公益社団法人シャンティ国際ボランティア会を通じ、収益を全額、被災地支援に役立てる。貞泉寺0238(52)1415。 >>
2018年10月6日掲載

戸沢 募集  村観光物産協会は「とざわフォトコン2018」の作品を募集。イベントなどの「祭り部門」、食べ物や特産品の「逸品部門」、村の景色の「風景部門」の3部門。大賞1人に賞金5万円、優秀賞各部門1人3万円、特別賞1人1万円、せんどう君賞1人1万円、入選各部門4人にそれぞれ5千円を贈呈。応募者全員に温泉施設「ぽんぽ館」入浴券も贈る。応募は村内で撮影した作品に限り撮影時期は問わない。四つ切りかワイド四つ切りで1人5点まで。応募票に必要事項を記入して作品の裏に貼り〒999―6401、戸沢村古口270、戸沢村観光物産協会フォトコンテスト係へ11月30日まで郵送する。持ち込みも可。同係0233(72)2110。 >>
2018年7月21日掲載

【開催中の展示会】

山形
2018年10月24日~2018年10月29日
 県内在住の銀粘土技能認定者でつくるグループ「美銀」の作品展「アートクレイシルバーの世界へ」は24日(水)~29日(月)、ギャラリー絵遊(かいゆう)。アクセサリーなど約150点を展示し、即売も。入場無料。開場は午前10時~午後5時(24日は午後1時から、29日は午後3時まで)。27日の銀粘土体験会は会費2500円。代表の佐藤さん090(6852)2892。 >>
2018年10月20日掲載

村山
2018年10月24日~2018年10月29日
 湯野沢熊野大祭用具展示会は24日(月)~29日(土)、冨本地域市民センター。約10年に1度開かれる大祭で使用される奴(やっこ)ふりや鹿子踊(かのこおどり)などの道具を展示。入場無料。午前9時~午後5時。同センター0237(54)2112。 >>
2018年9月22日掲載

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から