県内ニュース

県内3月消費指数2.8ポイント上昇 フィデア総研調査、先行き悪化見通し

2017年04月21日 08:27
PR
 フィデア総合研究所(山形市)がまとめた県内家計消費動向調査の結果によると、3月調査の消費指数(マイナス200~200)はマイナス60.9で、昨年12月調査の前期に比べ2.8ポイント上昇した。同研究所は「消費マインドは3期連続で改善ながら、先行きは悪化の見通し」と分析。今後の消費指数はマイナス68.5まで悪化すると見込んでいる。

 景気判断指数は、前期比0.5ポイント上昇のマイナス26.4。個別指数では「景気(県内)」が0.2ポイントアップのマイナス5.9で3期連続の改善。「雇用環境」が0.2ポイントダウンのマイナス4.0で3期ぶりの悪化、「物価(日用品)」が0.5ポイントアップのマイナス16.5で2期ぶりの改善となった。

 景気判断指数の今後の見通しは2.0ポイントダウンのマイナス28.4で、個別指数は「物価(日用品)」以外が悪化する見通し。

 暮らし向き判断指数は前期比2.3ポイント上昇のマイナス34.5。「世帯収入」は0.5ポイントアップのマイナス7.0、「保有資産」は0.8ポイントアップのマイナス9.3、「お金の使い方」は0.4ポイントアップのマイナス7.1、「暮らしのゆとり」は0.6ポイントアップのマイナス11.1といずれも若干改善した。今後の見通しは5.6ポイント下落のマイナス40.1で、個別指数も全項目で悪化が見込まれている。

 家計簿調査(2月)も行われ、収入面では世帯の平均手取り月額(可処分所得)が45万4千円となり、前年同期より1万5千円減少した。「祝い金、謝礼金、香典など」と「保険満期返戻金」の減少額が大きかったことが要因。世帯の平均支出月額は38万円で前年同期より1万1千円減った。「税金、各種保険料支払い(給与天引き以外)」と「交際費(飲食会費、贈答品、冠婚葬祭費など)」の減少が目立った。

 県内のサラリーマン世帯497世帯を対象に調査。461世帯から回答を得た。回答率は92.8%。

◇消費指数 (1)「景気(県内)」「雇用環境」「物価(日用品)」の3項目で構成される景気判断指数(マイナス100~100)(2)「世帯収入」「保有資産」「お金の使い方」「暮らしのゆとり」の4項目からなる暮らし向き判断指数(同)―を合計した数値。指数がプラスであれば家計の消費マインドは高揚しており、逆にマイナスなら低迷していると判断する。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

週1回配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2017年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2017年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から