県内ニュース

米沢のコラボ地酒第2弾かわいらしく 米織まとう直汲み生酒、13店舗で提供

2017年04月21日 12:45
完成したコラボ地酒がお披露目され、地元食材を使った料理とともにじっくり味わった=米沢市・そばや伝右エ門
完成したコラボ地酒がお披露目され、地元食材を使った料理とともにじっくり味わった=米沢市・そばや伝右エ門
 米沢の豊かな食と文化の発信を目指す米沢市内の料理人グループ「艶(あで)の会」と米沢織、地元酒蔵のコラボレーション地酒の第2弾が登場した。今回はボトルネックに米織をまとったかわいらしい仕上がり。市内13店舗で提供している。

 清酒「東光」で知られる小嶋総本店(小嶋健市郎社長)が県産米「はえぬき」などで仕込んだ純米吟醸の原酒。タンクに移す前の搾りたての酒をそのまま会員が手作業で瓶詰めした「直汲(じかぐ)み」の生酒だ。豊かな香りと甘みに加え、かすかに残る炭酸ガスの爽やかさが特徴で、フレッシュさを損なわず味わえるよう四合瓶にした。

 瓶を彩る米織は今回も近賢織物(近藤哲夫社長)が帯地を提供した。ワインのボトルネック飾りを参考に、ワンポイントとして活用。着物の襟元を演出した。色、柄さまざまな米織でそれぞれの瓶を飾り、ラベルはあえてシンプルに文字とロゴマークだけにした。限定100本で、昨年12月の第1弾と同じく店頭販売はせず会員各店での提供のみとなる。

米沢織をまとった第2弾のコラボ地酒
米沢織をまとった第2弾のコラボ地酒
 16日夜、市内の「そばや伝右エ門」で、会員や関係者約20人が参加しお披露目会が開かれた。完成した限定酒に「かわいい」「はじける感じがいいね」といった声が飛び交い、地元南原産のそばなどとともに、じっくりと味わった。艶の会発起人の近藤廣吉さん(61)は「米沢の魅力をリンクさせ、オール米沢で発信したい。幅広くコラボを進める」と話していた。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

週1回配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2017年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2017年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から