県内ニュース

山形大・並河教授が新手法で発現 自然界の円環構造モデル「リーゼガング現象」

2017年05月19日 12:08
会見で説明する並河英紀教授=山形市・山形大小白川キャンパス
会見で説明する並河英紀教授=山形市・山形大小白川キャンパス
 天然石の断面模様など、自然界に現れる円環状の構造を理解するための化学的モデル「リーゼガング現象」に関し、山形大学術研究院(理学部)の並河(なびか)英紀教授(40)=物理化学=が最新の発現メカニズムを解明した。2014年にも従来とは異なるメカニズムを解明しており、今回は当時とは違った手法を確立。自然界の枠を飛び越え、人の集合行動を予測して都市づくりに生かすなど、社会科学への応用も期待されるという。

 リーゼガング現象は、塩がゼラチンの中で規則的なしま模様を描きながら現れる現象で、自然界で見られる模様と類似していることから、これらの仕組みを理解するためにも活用されている。並河教授は今回、モノマーと呼ばれる分子を連続的に連結させる重合反応により、発現メカニズムを明らかにした。

 14年には、銀イオンにクエン酸イオンを加えた上で、ゼラチンに含まれるアミノ酸の性質を利用し、塩とは異なる金属の粒子が規則的に現れるリーゼガング現象を導き出している。これら2つの成果は、革新的なモデルの提案だという。

 18日の定例会見で並河教授が説明した。リーゼガング現象の研究成果を生かすと、模様を通じて人の動きなどを予測することも可能になり得るとし、「どういう所に人が集まり、集団をつくるか。公共施設や店舗をどこに置けば無駄がないかなど、スマートな都市づくりにも貢献したい」と述べた。

実験により導き出したリーゼガング現象(外側の円環状の模様)
実験により導き出したリーゼガング現象(外側の円環状の模様)

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

週1回配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2017年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2017年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から