県内ニュース

ひょっとこ、広がる笑い 鶴岡「安丹神楽」

2018年03月17日 23:16
ユーモアあふれる振る舞いを見せたひょっとこ。勢いに押されて泣きだす子どもも=鶴岡市・安丹公民館
ユーモアあふれる振る舞いを見せたひょっとこ。勢いに押されて泣きだす子どもも=鶴岡市・安丹公民館
 鶴岡市安丹地区に江戸時代から伝わる「安丹神楽」が17日、同地区公民館で上演された。春を告げる神楽とされ、ひょっとこの愉快な立ち居振る舞いが特徴。30戸ほどの小集落に春の訪れとともに明るい笑い声が響いた。

 地元の男衆が獅子舞、剣の舞に続き、ひょっとことおかめが登場する「笑福」などを上演した。ひょっとこは演目の前に早速、客席に割って入り“顔なじみ”の男性にお酌したり、高齢女性にキスしたりとやりたい放題。勢いに押されて泣きだす子どももいた。肝心の演舞でも、おかめの着物の裾をめくり上げるなどし、会場を沸かせた。

 安丹神楽は1859(安政6)年にコレラが流行した際、神楽を舞って以降は死者が出なかったことに由来し、現在まで地元の青年たちに受け継がれている。

関連写真

  • おかめにいたずらする、ひょっとこ。ユーモアあふれる舞を上演した安丹神楽=鶴岡市・安丹公民館
  • ユーモアあふれる舞を上演した安丹神楽=鶴岡市・安丹公民館

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から