県内ニュース

県内最大「木育施設」来夏オープン 高畠町、屋内遊戯場を整備

2018年06月16日 12:45
PR
 高畠町は、糠野目地区にある旧高畠四中体育館を改修し、地元産木材を使った県内最大規模の「木育施設」となる屋内遊戯場を整備する。子どもを産み育てやすい環境づくりの目玉に総額約5億4千万円をかけて来月着工し、来年7月のオープンを目指す。15日、町議会本会議で工事請負契約議案を原案通り可決した。

 小学生までを対象とした遊戯場は、鉄筋コンクリート造り平屋、延べ床面積約1100平方メートルの体育館を活用する。木の香りやぬくもりを感じてもらおうと、町産のスギ材を床や壁、おもちゃなどに使い、想像力を働かせて自由に遊べるような仕掛けを随所に施す。

 施設中央には0~2歳児のために、床暖房を備えた円形の「赤ちゃんひろば」を配置。直径3メートルほどの「杉玉プール」には約1万個の木製ボールを入れ、体いっぱいに木を感じられる空間にしていく。

 木でできたラ・フランスとサクランボをもぎ取って遊ぶコーナーや、木製のテーブル、台所などでお店ごっこ、ままごとができるスペースもあるほか、同町出身の童話作家浜田広介に親しんでもらおうと、絵本が読めるコーナーなども設けることにしている。

 授乳室や一時預かり室、工作教室開催などを想定した交流室、男女両方のトイレにおむつ替え台を完備する。町職員が育児相談にも対応する予定で、寒河江信町長は「子どもたちに喜んでもらえることが一番。子育て支援の中心的な存在になれば」と話している。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から