県内ニュース

ぜいたく「米沢牛×つや姫」弁当 山形の森のたんぼ、13日発売

2018年07月11日 10:51
オコメカフェ森のたんぼが発売する「特選米沢牛すきやき重」
オコメカフェ森のたんぼが発売する「特選米沢牛すきやき重」
 20日の「土用の丑(うし)の日」に合わせ、オコメカフェ森のたんぼ(山形市)は「特選米沢牛すきやき重」を発売する。県よろず支援拠点から助言を受け、「つや姫」「米沢牛」という本県最高峰の食材をそろえた弁当を売り出す。さっぱりした味付けながら、ボリュームは十分。価格は1500円に抑えた。

 一つ一つ手作りで、米沢牛は柔らかいが脂っぽさがなく、肉本来の味が楽しめる肩肉70グラムを使用。すき焼き同様、しょうゆ、酒、砂糖で煮込んだ。つや姫は250グラムを盛った。付け合わせはすき焼きと同じく、糸こんにゃく、シイタケ、ニンジン、高野豆腐、麩(ふ)などにするこだわりよう。自家製漬物を添えた。

 同店はおにぎりや団子、餅を扱っている。客から少し豪華な弁当の要望が多く、商品力を強化しようと、県企業振興公社内の県よろず支援拠点に相談したところ、ブランド米「つや姫」と、地理的表示(GI)保護制度に登録された「米沢牛」を使ったすき焼き風弁当を提案された。

 土用の丑の日はウナギが定番だが、それ以外にも「う」の付く食べ物を食べると良いとされるため、この時期の販売を決めた。個人用のほか、法人、団体などの来客、会議時の利用も見込む。同店担当者は「特徴のある商品にしようと、つや姫、米沢牛にこだわった」と話す。

 販売は13日からスタート。電話かファクスで3日前まで予約を受け付け、山形市城南町2丁目の店頭で引き渡す。営業時間は午前7時半~午後6時。木曜定休。電話、ファクスは023(646)6203。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から