県内ニュース

うれしいおいしい!メロン給食 庄内の小中学校で振る舞い

2018年07月13日 11:37
笑顔で地元産のメロンをほおばる児童=酒田市浜中小
笑顔で地元産のメロンをほおばる児童=酒田市浜中小
浜中のアンデス「滑らかで甘い」
 庄内砂丘メロンの産地・酒田市浜中地区の浜中小(出嶋幸校長、60人)で12日、地元の農家が丹精込めて育てたメロンが給食で振る舞われた。

 子どもたちに地区のメロンを食べてほしいと、生産者で作る「浜中メロン食べさせ隊」(小林弘子代表)がメロン給食と銘打ち、2007年からほぼ隔年で開催して6回目。今回はアンデスメロン60個を提供し、1~3年生には4分の1、4~6年生には半分にカットされたメロンが提供された。

 児童はわれ先にとご飯を食べ終え、メロンをがぶり。皮のぎりぎりまでかじり付く姿もあり、笑顔でほおばっていた。家族がメロン農家だという4年相馬ららんさん(10)は「浜中のメロンは他よりも滑らかで甘くておいしい」。小林代表は「今年は6月に雨が少なく天気が良かったので味がいい。子どもたちにおいしいと言ってもらえると励みになる」と話していた。

 19日には市内の小中学校全30校の給食で庄内産のメロンが振る舞われる。

メロンを味わう児童=鶴岡市湯野浜小
メロンを味わう児童=鶴岡市湯野浜小
鶴姫レッドを豪快にがぶり
 鶴岡市特産のメロンをデザートにした給食が12日、同市内の小中学校計20校で提供され、児童らが旬の味覚を味わった。

 このうち湯野浜小(宮島昭子校長、124人)ではオレンジ色の果肉が特徴の「鶴姫レッド」が振る舞われた。JA鶴岡の担当者が同校を訪れ、旬の時季や生産量を説明した。子どもたちは甘い香りが漂うメロンを両手で持ち、豪快にがぶり。あふれる果汁と柔らかい果肉を口いっぱいに味わい、笑顔を見せていた。

 5年奥山波音(11)君は「甘くてとってもおいしい。大好きなメロンを給食で食べることができうれしい」と話した。市学校給食センターが毎年行っており、18日まで市内の残り17校でも振る舞われる。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から