県内ニュース

集中、佐藤・白幡組(鶴岡一)がV2 県中学総体・ソフトテニス男子個人

2018年07月22日 14:20
〈ソフトテニス男子個人決勝〉激しいラリーを繰り広げる鶴岡一の白幡冬馬(左)・佐藤駿丞組=真室川町民テニスコート
〈ソフトテニス男子個人決勝〉激しいラリーを繰り広げる鶴岡一の白幡冬馬(左)・佐藤駿丞組=真室川町民テニスコート
 第58回県中学校総合体育大会主会期第2日は21日、県内各地で15競技が行われた。ソフトテニス男子個人は佐藤駿丞・白幡冬馬組(鶴岡一)が2連覇を果たした。

 競泳男子200メートル自由形は伊藤康太(山形六)が1分56秒12の県中学新、大会新で制した。

接戦制し、全国へ弾み
 ソフトテニス男子個人は、接戦となった決勝戦で佐藤駿丞・白幡冬馬組(鶴岡一)が集中力を発揮し、2連覇を果たした。昨年は東北大会で敗れて全国中学校体育大会(全中)出場を逃した2人。初の大舞台へ弾みを付けた。

 前回覇者として臨んだだけに「緊張があった」と佐藤。決勝では2―1で迎えた4ゲーム目に追い付かれたが「相手の動作とコースをよく見よう」と声を掛け合い、ペースを取り戻した。そこから2ゲームを連取して試合を決めた。

 昨年の東北大会では全国の切符が懸かった試合で一つ上の3年生に敗戦。2人はその悔しさをばねに練習を重ね、今年3月には都道府県対抗の大会で5位入賞と全国レベルの実力を証明した。指導する荒木敏之外部コーチは「この1年で試合展開を考えられるようになり、体力もついた」と評価。東北大会に向け、白幡は「自分から積極的に動いて後悔のない試合をしたい」、佐藤は「トップで通過し、何としても全中に進みたい」と意気込んだ。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から