県内ニュース

県、HPで発達障害対応施設を公表 検査、診断など一貫可能は21施設

2018年09月19日 09:07
PR
 県は18日、県内の発達障害児・者に対する診療提供体制について、医療機関を対象にした調査結果を発表した。県内で検査から診断、診療まで一貫して対応できる医療機関は、公表で同意を得た範囲として21施設あることが明らかになった。県は同日、ホームページで発達障害に対応できる施設名を公表した。

 県障がい福祉課によると、県内での発達障害児・者の推計は把握できていないが、診断や治療などを担う県立こども医療療育センター(上山市)では初診待機期間が半年以上に及ぶなど長期化が目立ち、県内全域での専門的な医療機関の確保が課題になっているという。こうした現状を受け、県は初めて公表を目的とした実態調査を行った。

 調査は今年1月、県内の小児科、精神科、心療内科、児童精神科の計208医療機関に対してアンケートを行い、回答数は173機関(回答率83.2%)だった。発達障害に対応でき、施設名の公表に同意した医療機関は49施設を数えた。

 この調査では▽発達の状況や知能などを調べる「検査」▽検査結果を基に診断名を付ける「診断」(例えば自閉症スペクトラムなど)▽診断を受けた人に定期的な診察や薬剤処方などを行う「診療」―三つの区分が可能か尋ねた。

 検査、診断、診療のいずれも可能と答えた施設は村山11、庄内5、置賜4、最上1の計21。村山地域では山形大医学部付属病院、同センターなどが該当した。診断と診療ができる施設は庄内4、村山3、置賜と最上は各1。診療のみが可能なのは村山12、庄内4、置賜2、最上1の計19施設だった。県は具体的な施設名のほか診療領域や対応年齢、提供できる医療サービスなどを県のホームページで掲載している。

 同課は「受診の際などに、ホームページで確認して医療機関の選択肢の幅を広げてもらいたい」としている。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から