県内ニュース

【女子駅伝】南陽・東置賜が初優勝 2位に1分34秒差

2018年11月18日 21:20
南陽・東置賜のアンカー安部日和(城西国際大・山形城北高出)がトップでゴールし、悲願の初優勝を果たす
 ヤマザワカップ第35回県女子駅伝競走大会(山形新聞、山形放送、山形陸上競技協会主催)は18日、上山-山形間の5区間20.5キロでレースが行われ、南陽・東置賜が1時間8分21秒のタイムで初優勝を果たした。
[動画付き記事 動画はコチラ]

 南陽・東置賜は1区長沢日桜里(山形城北高)から4位でたすきを受けた2区吉田百那(同)が3位に浮上。3区高橋彩那(赤湯中)が2位に上がると、4区渡部莉奈(高畠中)がトップに立ち、アンカー安部日和(城西国際大・山形城北高出)が2位に1分34秒差でフィニッシュした。

 酒田・飽海は1区今野まどか(酒田市陸協)がトップに立つなど常に上位につける展開で、昨年と同じ2位となった。鶴岡・田川は安定したレース運びで3位に食い込み、4位には2、3区で先頭を走った上山が入った。5位は天童・東村山、6位は米沢だった。以降は山形、寒河江・西村山、北村山、長井・西置賜、新庄・最上と続いた。

 レース後、山形市の山形メディアタワーで表彰式が行われ、大会会長の寒河江浩二山形新聞社長(山形新聞グループ経営会議議長)が南陽・東置賜のメンバーに月桂(げっけい)冠を授与。「絶好の駅伝日和の中、感動的な走りを見せていただいた。この大会は全国都道府県対抗女子駅伝の本県代表を選ぶ参考レースであり、代表となった際は全国の舞台でも実力を発揮してほしい」と語った。

関連写真

  • 11チームが激しい争いを繰り広げた県女子駅伝競走大会。1区で酒田・飽海の今野まどか(酒田市陸協、中央)が抜け出す
  • 2区でトップに立つ上山の石沢希らら(山形城北高、左)
  • 上山の2区石沢希らら(山形城北高、右)がトップで3区の石山心菜(上山南中)にリレーする
  • 南陽・東置賜のアンカー安部日和(城西国際大・山形城北高出)が沿道の歓声を受けながら独走する

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から