県内ニュース

「戸沢のクワイ」を特産品に 住民有志が栽培、収穫

2018年11月19日 11:20
水田に入り、泥の中からクワイを収穫する参加者=戸沢村角川
 古い歴史があるオモダカ科の水生植物「クワイ」を戸沢村の新たな特産品にしようと、村民有志らが栽培に取り組んでいる。角川地区の水田で10日、収穫作業が行われた。関西方面に出荷するほか、将来的には最上でも積極的に売り出していきたい考えだ。

 中国原産のクワイは、日本では広島県や埼玉県などで盛んに栽培されている。主成分はでんぷんで、一つの根にたくさんの子イモができることや、芽が出ている姿がめでたいとして、正月のおせち料理などに用いられる。

 住民らは農業ベンチャー「ナチュラルアート」(東京都、鈴木誠社長)の協力を受け、昨年から栽培を始めた。今年の植え付けは6月に行われ、参加者は田植えの要領で木枠を転がして目印を付け、約10アールに手作業で植えた。鈴木社長は「戸沢のクワイは市場関係者にも評判が良い。新たな産地化に向け、今後も協力したい」と話す。

収穫したクワイ
 この日は同社社員や地元住民、山形大生など約20人が参加。胴長に手袋を着用して水田に入り、泥の中で育ったクワイを手探りで掘り出した。収穫は今月下旬まで続くという。企画者の一人、会社員早坂信一さん(58)は「戸沢を一大産地にし、最上地域に新たな食文化を創造するのが目標。おせち料理以外でも縁起物として広く活用していきたい」と意気込んだ。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から