県内ニュース

狩野派や文人画、名品並ぶ 長谷川コレクション、寄贈50周年展

2018年12月06日 22:57
関係者がテープカットし、寄贈50周年の記念展開幕を彩った
 山形美術館の3大コレクションの一つ、長谷川コレクションの寄贈からことしで50周年を迎え、記念展覧会が6日、山形市の同美術館で開幕した。国重要文化財「奥の細道屏風(びょうぶ)」(与謝蕪村)など江戸時代から明治期の日本美術の名品が鑑賞者を引きつけている。

 具象を中心とした戦後のパリ画壇を概観できる服部コレクション、印象派を中心に20世紀初頭までのフランス近代絵画を網羅する吉野石膏コレクションに対し、長谷川コレクションは江戸時代の狩野派、文人画、円山四条派を系統的にたどるコレクション群。1968(昭和43)年に寄贈を受け、追加分を含め292点を同館に収蔵。国指定重要文化財1点、県指定有形文化財11点が含まれる。

 会期は来年1月27日まで。前期(12月6~27日)後期(来年1月4~27日)で一部を展示替えする。前期は紅花栽培の様子を描いた「紅花屏風」(横山華山)など、後期は県の有形文化財を中心に、それぞれ100点ほどを紹介する。

 展覧会は同館、山形新聞、山形放送、県が主催。開展式で寒河江浩二山形新聞社長(山形新聞グループ経営会議議長)が「常設されていない作品も多く、貴重な機会になる」と主催者を代表してあいさつ。寄贈した長谷川家の長谷川吉茂山形銀行頭取が「日本文化のすごさを理解してもらえると思う」と話し、吉村美栄子知事が祝辞を述べた。続いて村田隆志大阪国際大准教授が展示品やコレクションの特徴を解説した。

 8日午後1時半に長谷川頭取による記念講演会を、15日午後1時半に造形体験ワークショップを開催。問い合わせは山形美術館023(622)3090。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から