県内ニュース

第一関門終え、ひと息 センター試験、県内はトラブルなく

2019年01月21日 08:46
センター試験を終え、教諭とハイタッチする受験生=鶴岡市・鶴岡中央高
 大学入試センター試験は2日目の20日、理科と数学を行った。県内6会場ではスケジュール通りに試験が進み、大きなトラブルなく日程を終えた。

 本県の志願者数4017人に対する各科目の受験率は▽理科(1)48.0%▽理科(2)41.6%▽数学(1)83.5%▽数学(2)76.7%―だった。

 大学入試センターは得点調整の有無を25日に発表する予定で、平均点などの中間発表は23日、最終発表は2月7日としている。

受験生ひとこと
 2日間の大学入試センター試験を終え、ほっとした様子で会場を後にする受験生たち。「まずはやりきった」「2次試験に向けて気を引き締める」。それぞれの手応えを語り、次の関門に向けて決意を新たにした。

理系の科目に苦戦
 ▽住石海希(ひろき)さん(18)=酒田東 初日は自分なりにいいスタートを切れたが、理系科目は模試や過去問で解いたことのない出題が多く、苦戦した。現役での合格が第1目標。自己採点の結果をしっかり受け止め、気持ちを切り替えて志望校選択や2次試験に臨む。

実力は出し切った
 ▽剣持遥人(はると)さん(18)=鶴岡南 全体的に難しく感じたが、自分の実力は出し切ったと思う。特に数学II・Bは苦戦し、少し時間が足りなかった。センター試験は通過点。2次試験に向けて気持ちを引き締め、精いっぱい勉強して合格を勝ち取りたい。

化学は自信がある
 ▽菊地瑛人(あきと)さん(18)=新庄北 1日目はだいぶ緊張したが、全体的には自分の実力を発揮できた。化学は自信を持って解けたが、数学I・Aの確率は難易度が高く苦戦した。志望する工学部に進めるよう、2次試験に向けて理系科目の勉強を頑張りたい。

まずはやりきった
 ▽栗田充慧(みちさと)さん(17)=山形南 まずはやりきったという気持ち。緊張せず、勉強の成果を発揮できた。得意の英語は長文をうまく解くことができたが、理系科目で苦戦した。支えてくれる家族や先生たちの思いに応えられるように、最後まで戦い抜く。

2次へ復習を徹底
 ▽伊藤雅茂さん(18)=米沢興譲館 無事に終わってほっとした。化学、物理は難しかったけど、力を出せた。苦手な英語も自信を持って答えることができた。親には苦労を掛けたし、感謝している。結果が出せるよう、2次試験に向けて復習を徹底したい。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から