県内ニュース

南陽高畠-山形上山間、来月13日に開通 東北中央道、地滑り影響で予定ずれ込む

2019年03月09日 09:21
 東日本高速道路(NEXCO東日本)東北支社は8日、東北中央自動車道の南陽高畠―山形上山が4月13日午後3時に開通すると発表した。県都・山形市と福島市をつなぐ高速道路網が整備され、山形自動車道などとの併用により仙台市を含めた3都市間の環状ネットワークが完成する。物流効率化や観光振興などが期待される。

 南陽高畠―山形上山は延長24.4キロの暫定2車線で、全体工事費は約1300億円。2011年2月に着工した。南陽高畠―かみのやま温泉間に休憩施設としての南陽パーキングエリアが設けられる。東北支社によると、当初は18年度中の完成を予定していたが、17年冬に南陽高畠―かみのやま温泉間の南陽市小岩沢地区で地滑りが発生。急きょ、土砂の掘削工事などの安全対策が必要となったため、供用開始が2週間近くずれ込んだという。

 開通により東北中央道、山形自動車道、東北自動車道のいずれかに通行止めが生じても、各路線が補完し、3都市間の移動が可能になるメリットが生まれる。災害発生時の対応力向上や物流の安定化、観光地間のアクセス改善など多様な効果が想定される。

 所要時間については、山形市と米沢市間が現在の70分から50分に短縮される。今回開通する区間は有料で、福島県側から県内入りして無料区間が終わる米沢北と山形上山間は普通車で1120円となる。供用開始に合わせ、東北中央道の山形上山―山形中央間に建設中の山形パーキングエリアもオープンする。

 国土交通省が整備している東根―東根北は3月23日に開通する予定で、南陽高畠―山形上山の供用開始と合わせて東北中央道の県内の整備率は78%となる。

 吉村美栄子知事は「東北中央道は村山地域をはじめ山形県、東北の発展のためにもしっかりとつなげていかなければならない。一日も早い全線開通を目指す」とのコメントを出した。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から