県内ニュース

【モンテ】猛攻防ぎ4連勝つかめ きょうホーム琉球戦

2019年03月24日 11:40
前節、Jリーグ通算100試合出場を達成したMF中村駿=天童市・県総合運動公園第3運動広場
 サッカーJ2は第5節最終日の24日、各地で5試合が行われる。モンテディオ山形は午後2時から天童市のNDソフトスタジアム山形で琉球と戦う。連勝で好調をキープするチーム同士の対戦は、山形の「守」と琉球の「攻」がぶつかる構図となりそうだ。

 山形は23日、天童市の県総合運動公園第3運動広場で調整した。第2節以降は無失点で3連勝を飾り、堅守を土台に波に乗る。前節の試合後、DF栗山直樹は「ミスが絡む失点さえ、起こさせない気迫がある」と、前線からの連動性に手応えを示した。

 一方の琉球は昨季J3全32試合で計70得点を挙げ、優勝で初昇格を決めた。山形で指揮経験がある樋口靖洋監督が新たに就任。J2でも高い攻撃力を示し、開幕4連勝で首位に立つ。前節を終え、リーグトップの計11得点。思い切りの良さが得点に結び付き、4試合とも先制点を奪った。

 第3節後には攻撃の核だったMF中川風希がJ1横浜Mに電撃移籍したが、前節は徳島に2―1で勝利し、不安を拭い去った。陣形は4―2―3―1が想定される。

 攻撃力のある相手に、山形は前線のプレスから追い込む守りの精度を高め、対抗したい。高さで上回るセットプレーは4連勝へのポイントになりそうだ。

中村、スタイル貫き101戦目
 ○…前節、Jリーグ通算100試合出場を達成したMF中村駿。「ただの数字でしかない。また積み重ねていきたい」という節目のコメントには、愚直で誠実な人柄がにじむ。プロ4年目のボランチが、琉球戦でまた新たな一歩を踏み出す。

 100試合を振り返る中で、2016年のJ2群馬時代の出来事は忘れられない。「拾ってもらった」と言うように、大学卒業後はアマチュア契約で加入。選手の傍らスクールコーチも務めた。

 「一番下を知っている。これからも忘れずにやっていけば良くなっていく」。当時からの向上心を持ち続け、ステップアップを目指す。昨季はリーグ戦38試合に出場。今シーズンは開幕戦後にスタメンを奪取し、攻守の奮闘は連勝中のチームに欠かせない。

 琉球戦前には両親を招き、100試合出場のセレモニーも予定されているが、一番求めているのはチームの勝利。次の試合でも変わらぬプレースタイルを貫く。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から