県内ニュース

多様なチカラ、県警へ 本年度採用から身体基準廃止

2019年04月20日 14:22
PR
 県警は、本年度実施する警察官の採用試験から、身長や体重の身体基準を廃止する。民間を含めた雇用環境の改善や少子化に伴い、警察官のなり手不足が懸念される中、優秀な人材を幅広く募ることが目的。本県より規模の大きな警察本部を含めて基準廃止は全国的に進んでおり、県警の担当者は「屈強な人はもちろんのこと、幅広い能力を持った人に来てほしい」と話している。

 県警警務課によると、採用する上で必要な身体基準を、これまで「おおむね」として▽男性は身長160センチ以上、体重47キロ以上▽女性は身長150センチ以上、体重43キロ以上―としてきた。事件、事故、災害など過酷な現場での仕事となる警察官は、粗暴な犯人と対峙(たいじ)する場面もあり、重量のある資機材も駆使しなければならないなど、一定の体力が必要となる。こうした勤務環境や訓練に耐えられるよう、採用時の身体基準を設けていた。

 ただ近年は、国際化の進展やインターネットの普及などで、警察を取り巻く環境は大きく変化している。語学が堪能だったり、ネット関連の知識や技術に優れていたりと、外国人対応やサイバー犯罪の捜査などで即戦力となり得る、幅広い専門性や能力を持った人が必要とされている。こうした事情や少子化、選択肢の拡大などで警察官のなり手減少が懸念されることもあり、全国では半数以上の道府県警が身体基準を廃止している。

 山形県警と共通試験を実施する警視庁などは基準を設定したままだが、同課の担当者は「今後も一定の強さが必要なことは変わらないものの、県警では女性を含め、さまざまな人材の活躍の場が広がっている。多くの人にチャレンジしてほしい」と説明している。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から