県内ニュース

にぎわうふ頭に商機あり 23日に酒田港クルーズ船寄港、物産展最多27店

2019年04月20日 14:58
外国クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」が寄港し、大勢の市民らでにぎわった酒田港古湊ふ頭=2018年7月1日、酒田市
 国内外のクルーズ船の寄港時に、酒田市の酒田港古湊(こみなと)ふ頭で開かれる歓迎物産展の出店数が増加傾向にある。本年度最初の寄港となる23日の「ダイヤモンド・プリンセス」では過去最高の27店舗が予定され、2017年8月の「コスタ・ネオロマンチカ」時の1.5倍。市交流観光課の担当者は「口コミや報道でクルーズ船の入港を知り、商機と捉える事業者が増えてきたようだ」と話す。

 これまで本県に外国クルーズ船が寄港したのは計4回で、物産展出店数は17年8月の「コスタ―」が18、18年7月の「ダイヤモンド―」(2回)が22と21、同8月の「コスタ―」が20。出店者は国や県、酒田市などでつくる“プロスパーポートさかた”ポートセールス協議会が募集している。17年以前も国内クルーズ船が入港する際に物産展は開催していたが、参加店舗は毎回10~15で一桁の時もあったという。

 市によると17年の「コスタ―」の乗客が酒田で消費した平均金額は9661円。市担当者は「乗客数や天候など条件が異なるが、昨年の『ダイヤモンド―』の寄港時は『コスタ―』の時以上の経済効果があったはず」。さらに「ふ頭は乗船客だけでなく、クルーズ船の歓迎や見学で訪れる市民・県民でにぎわう。物産展出店の問い合わせは間違いなく増えており、クルーズ船寄港をチャンスと考える事業者の多さを感じている」と話した。

 23日は「ダイヤモンド―」が午前7時に酒田港古湊ふ頭に入港する。出羽三山神社の山伏や酒田舞娘(まいこ)が出迎え、地元幼稚園児がダンスを披露。午後5時半からやまがた愛の武将隊の演舞や県民踊協会の花笠踊りで花を添え、同6時に出港する。物産展は午前7時~午後5時半に開設する。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から