県内ニュース

GW期間、一時保育に人の波 山形市、申し込み定員大幅超

2019年04月25日 12:52
PR
 山形市は例年以上の大型連休となるゴールデンウイーク期間中、一時保育を実施する。希望者を募ったところ、定員を大きく上回る申し込みがあった。可能な限り要望に応じることにしたが、日によってはパンク状態。保育士の数を増員して対応する。

 一時保育は4月28日~5月6日の9日間、同市幸町の市立つばさ保育園で行う。市内の認可保育所や認定こども園の在園児が対象。定員は1日30人を想定していたが、4月30日~5月2日の預かりは50人を超えており、最も多い日で57人。市保育育成課は「これまでは祖父母や友人に頼るなど各家庭で工夫していたのだと思うが、一時保育のサービスを提供したことで需要が膨らんだのでは」と分析する。

 市内の公立10園の園長や副園長らが中心となって対応する予定だったが、妊娠中や子育て中の人を除く保育士全員でシフトを組む態勢を取る。子どもも保育士も共に慣れない環境で心配されるのは安全面。市の担当者は「子どもたちの性格や行動が分からないので、保育士を多めに配置することで気配り目配りを徹底する」と話す。

 申し込みの受け付けは今月5日に終了。その後も同課には「締め切り後に仕事が入ってしまった」といった相談や問い合わせが1日数件あるという。同課は一時保育を実施している市内の認可外保育所や子育て支援施設「子育てランドあ~べ」を案内している。利用の可否については問い合わせが必要となる。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から