県内ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加 チェック

幸福度、本県は北海道・東北初の10位 都道府県ランキング、飛躍的に順位アップ

2019年06月12日 08:10
 都道府県幸福度ランキングで本県は北海道・東北初の10位―。吉村美栄子知事と在京有識者との県政懇談会が11日、東京の都道府県会館で開かれた。意見交換に先立ち、日本総合研究所の松岡斉理事長がランキングの詳細を説明し、本県の新たな強みを伝えた。県は懇談会での意見などを、本年度策定予定の次期県総合発展計画の検討に活用する方針だ。

 ランキングは国の統計資料などを基に、人々の幸福度と関連性が高いと判断される70の指標で算出されている。2年ごとに公表されており、2018年版では総合順位で初めてトップテン入りした。本県の順位は12年の31位から、14年の27位、16年の22位と、飛躍的に伸びている。松岡理事長は「(全国で)最も成果が上がっている」と評価した。

 内容を見ると、選挙投票率(国政選挙)が1位、食料自給率が3位など基本指標は全国3位の高さ。文化分野でも常設映画館数が1位、語学教室にかける金額が4位と順位が高い。生活分野は1人暮らし高齢者率の低さが1位、持ち家比率が3位、刑法犯認知件数が6位で安心して暮らせる県と評価された。仕事分野は正規雇用者比率が1位だが、事業所新設率が47位で課題も残した。

 県企画調整課によると、懇談会には本県とゆかりのある有識者8人が出席。「多くの非正規雇用の男性が結婚を諦めている中、働きがいがあり、経済的に満足できる雇用が大事」「人材育成を進めることで、おのずと誇りや郷土への愛着も生まれ、地元定着率も上がっていくのでは」「ランキングを地方創生に生かすため、どのように捉え、いかにうまく使うかが大事」といった意見が出ていた。

 出席者は次の通り。(敬称略)
 五十嵐佳子(作家)今井敏(農林漁業信用基金理事長)大石利雄(自治医科大理事長)落合良(元大学講師)兼子良夫(神奈川大学長)長南収(キユーピー社長)本保芳明(首都大学東京特任教授)横尾英博(デンソー常務役員)

【特集】人事異動、モバイルで検索

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から