県内ニュース

関(日大山形)、手応えのV2 県高校総体・競泳

2019年06月23日 14:44
 第70回県高校総合体育大会の競泳は第2日の22日、酒田市光ケ丘プールで14種目の決勝などが行われた。女子200メートルバタフライは関琴音(日大山形)が2分15秒97で2連覇を飾り、同400メートルリレーは日大山形が3分59秒22の大会新記録で7連覇を果たした。

 このほか、女子400メートル個人メドレーの佐藤夏希(鶴岡北)が3連覇。男子200メートルバタフライの芳賀湧大(山形中央)、同400メートル自由形の佐藤隆成(鶴岡工)、女子100メートル自由形の加藤優奈(日大山形)のそれぞれが2年連続で頂点に立つなどした。23日も同プールで各種目が行われる。

〈競泳女子200メートルバタフライ〉関琴音(日大山形)が2分15秒97で2連覇を果たした=酒田市光ケ丘プール
【ヒロイン】持ち味封じ、前半から勝負―女子200バタ
 関琴音(日大山形)にとって女子200メートルバタフライは「絶対に譲れない種目」。自己ベストを更新する2分15秒97で、2年連続の頂点に立った。だが実力者の2年生に満面の笑みはない。「このタイムではインターハイで十分通用するとは言えない。これからもっと追い込んで自分を高めていきたい」と、いたって冷静だ。

 関の持ち味の一つは後半の強さだ。しかし、この日はあえて前半100メートルを勝負どころに捉えた。「得意な部分に頼るだけではいけない。課題にこそしっかり挑戦しなければ」。200メートルバタフライは予選がなかっただけに十分なアップを重ね、腕の強さを生かして序盤からスピードに乗った。

 さらに意識したのは呼吸のタイミング。水中から頭を早く出し過ぎることで生じる水の抵抗に注意し、落ち着いてスムーズな泳ぎを心掛けた。後半も体のバランスを崩さず、レース後は「目指している無駄のない泳ぎに近づけた」と手応えをつかんだ様子。

 今後はペースを意識した実戦的な練習を積み、タイムでは2分14秒台を当面の目標に掲げる。全国に向けては「今からがスタート」とし、「入賞を狙って自分のベストを追求していきたい」と語った。

〈競泳女子400メートルリレー〉大会新をマークした日大山形のレース。最終泳者の加藤優奈(中央)が飛び込む=酒田市光ケ丘プール
日大山形、大会新でV7―女子400リレー
 ○…女子400メートルリレーは日大山形(柴崎ひなた、関琴音、佐藤麗、加藤優奈)が3分59秒22の大会新で7連覇を果たした。それでも「うれしい反面、もっとタイムを縮められたはず」。そう口をそろえる4人の心には喜びと悔しさが入り交じる。

 最終泳者の加藤までに2位とは4秒以上の差を付けた。飛び込んだ加藤は浮き上がりからのスムーズな加速で他チームの追い上げを許さず、これまでの大会記録を0.13秒縮めてゴールした。上位大会では、厳しい戦いになることは全員の共通認識だ。4選手は「ベストを尽くし、少しでもタイム短縮に貢献する」と気持ちを一つにした。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から