国内外ニュース

矛盾と悲哀、人の本質描く ホラー映画「VAMP」

2019年08月14日 01:01
映画「VAMP」の(左から)小中和哉監督、中丸シオン、高橋真悠=東京都文京区
映画「VAMP」の(左から)小中和哉監督、中丸シオン、高橋真悠=東京都文京区
 吸血鬼をテーマに、恐ろしくも美しいヒロインの愛と運命を描いたホラー映画「VAMP」の公開に合わせ、小中和哉監督と出演した中丸シオン、高橋真悠が同作について語った。小中監督は「人の血を飲まないと生きられないバンパイアの姿を通じて、人が本質的に抱える矛盾や悲哀を表現したかった」と話した。

 男たちの生き血をすする主人公苓を演じた中丸は、台本を読んで「どう演じればいいのか、疑問が尽きなかった」という。小中監督と話し合い、役への理解を深めて撮影に臨んだ。「ダークヒーロー(のイメージ)に徹することを心掛けた」

 高橋が演じたのは、父親の虐待に苦しむ美以那。「自分には想像もつかないが、現実にこういう子はいる。当事者の人生を背負っていると意識して演じた」。傷ついた彼女が苓との出会いを経て、強く成長していく。

 2人は濃厚なラブシーンも披露している。初めてのヌードに不安を抱えていたという高橋だが「シオンさんも同じように不安を感じていると分かって、少し気持ちが楽になった」と振り返った。

 「人間ドラマもアクションも」という小中監督のこだわりで、激しい格闘シーンが終盤に。中丸は黒のレザースーツ、高橋はロリータファッションで、田中真琴演じる吸血鬼と対決する。小中監督は「いろいろなジャンルの楽しさが詰まっている」とアピールした。

 東京で23日から、名古屋と大阪で24日からそれぞれ開かれる「夏のホラー秘宝まつり2019」で上映。
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から