国内外ニュース

のん「食の楽しさ発信したい」 小学館の新文庫レーベルPR

2020年05月19日 15:41
「おいしい小説文庫」初代アンバサダーに就任した、のん(撮影・北浦敦子)
「おいしい小説文庫」初代アンバサダーに就任した、のん(撮影・北浦敦子)
 女優のんが、食にまつわる小説を集めた小学館文庫の新レーベル「おいしい小説文庫」の初代アンバサダーに就任した。のんは「食の楽しさを発信したい」と意気込む。

 小学館主催の「日本おいしい小説大賞」と連動させ、3カ月ごとに数冊を刊行する。6月5日発売の第1弾は、思い出の料理を求める人々が集まる京都の食堂が舞台の「鴨川食堂もてなし」(柏井寿著)、同賞の最終候補作「氷と蜜」(佐久そるん著)など3作品。

 のんは、戦時中の庶民生活を描いた映画「この世界の片隅に」で主人公すずの声を演じた際に「食べる幸せを改めて実感した」と話す。

 「物語の中に出てくる食べ物には不思議な魅力がある。妙においしそうに思える」

 思い出の食べ物は、祖母のお手製わらび餅。「その時初めて(丸める前の)ねばねばの状態を見て、興奮した。めちゃくちゃおいしかった」と振り返った。

 小学館の担当者は「(新型コロナウイルスの感染拡大で)食材の買い出しが制限され、外食も難しい『非日常』を強いられる中、せめて小説で『食』という日常を味わってほしい」と話している。
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2020年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2020年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から