伊坂さん、英の推理小説賞逃す 翻訳部門、ドイツの作品が獲得

6/30 09:54

 【ロンドン共同】英国推理作家協会は29日、優れた犯罪小説に贈る今年の同協会賞(ダガー賞)の翻訳部門にドイツのシモーネ・ブッフホルツさんの「HOTEL CARTAGENA」(邦訳未刊行)を選んだ。最終候補に残っていた伊坂幸太郎さんの殺し屋シリーズ「マリアビートル」の英訳「ブレット・トレイン」は受賞を逃した。

 受賞作品は、復讐するために武装した男たちにホテルのバーで人質にされた検察官の女性とその友人らを巡る物語。

 「マリアビートル」は日本で2010年に刊行。映画にもなり日本では今年9月公開予定。翻訳家サム・マリッサさんが英訳し昨年出版された。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
[PR]