日航、コロナでボーナス半減へ 今夏の支給額、減便で業績悪化

6/2 19:36
 日本航空機

 日本航空が、今夏のボーナスに相当する一時金の支給額を2019年夏に比べ半減させる方針を固めたことが2日、分かった。新型コロナウイルスの世界的な流行による減便が相次ぎ、業績が悪化しているため。近年は月例賃金の2カ月分を支給していた。経営破綻した翌年の11年夏(1カ月分)以来の水準まで落ち込むことになる。

 既に従業員に通知しており、今月中に労働組合の同意を得たい考え。

 日航はグループの4月の国際線旅客数が、前年同月比98%減の1万6039人だった。今後も需要の回復には時間がかかるとみられており、厳しい経営環境が続くと判断した。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 日本航空機
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]