三菱UFJ、紙の通帳を有料化 4月開設から、年間550円

1/18 11:28
 三菱UFJフィナンシャル・グループのロゴマーク

 三菱UFJ銀行は18日、4月1日以降に新たに口座を開設する預金客を対象に、紙の通帳を発行する場合は年間550円の手数料を課すと正式に発表した。インターネット取引の利用を促すとともに、通帳発行のコストを抑える。

 18歳未満と70歳以上の預金者は対象外とする。預金から自動的に引き落とし、残高が550円に満たない場合は自動的に通帳の利用を止める。その後2年間、口座の利用がなければ解約となる。

 紙の通帳には印紙税などの費用がかかるため、預金客に適正な負担を求める。三井住友銀行、みずほ銀行は既に紙の通帳発行を有料化しており、三菱UFJも同様の対応を取った形だ。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 三菱UFJフィナンシャル・グループのロゴマーク
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]