日産連合、EV開発に3兆円 30年までに35車種投入

1/27 19:32
 三菱自動車、ルノーとの3社連合での電気自動車開発について、オンラインで記者会見する日産自動車の内田誠社長兼CEO=27日午後

 日産自動車と三菱自動車、フランス大手ルノーの3社連合は27日、電気自動車(EV)など電動車の開発に今後5年間で計230億ユーロ(約3兆円)を投資すると発表した。2030年までに新型EVを計35車種投入する。共通の車台を採用し、車載電池の共同調達などでコストを削減する。EV普及の課題となっている価格面で競争力を高める。日産が28年度までに実用化する次世代の「全固体電池」は3社で共同活用する。

 日産や三菱自はかつてEVの市販で先行したが、現在は他社が攻勢を強めている。3社の協力を強化して巻き返しを図る。EV専業大手の米テスラは販売を急拡大している。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 三菱自動車、ルノーとの3社連合での電気自動車開発について、オンラインで記者会見する日産自動車の内田誠社長兼CEO=27日午後
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]