G7、ウクライナ農業支援 食料安保に懸念、価格を監視

5/14 21:20
 G7農相会合後、取材に応じる武部新・農水副大臣=14日、ドイツ・シュツットガルト(共同)

 【シュツットガルト共同】ドイツ南部シュツットガルトで開かれた先進7カ国(G7)の農相会合は14日、ロシアの侵攻を受けたウクライナの農産物の生産・輸出を支援するとした共同声明を採択し、閉幕した。侵攻による「世界の食料安全保障への重大な影響」に懸念を示し、国際機関と連携して、高騰する食料価格の動向を監視することでも一致した。

 ウクライナは小麦やトウモロコシなどを生産する世界有数の穀倉地帯。輸出が滞っており、供給不安の高まりから穀物価格は高止まりしている。

 共同声明では、ウクライナへの食料供給や、農家への支援を約束。FAOなどに価格動向を分析するよう求めた。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 G7農相会合後、取材に応じる武部新・農水副大臣=14日、ドイツ・シュツットガルト(共同)
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]