東芝、取締役人事案が可決 「物言う株主」幹部2人も起用

6/28 13:03
 東芝の株主総会会場に向かう人たち=28日午前、東京都新宿区

 東芝は28日、東京都内で定時株主総会を開き、「物言う株主」の海外ファンド幹部2人の新たな起用を含む計13人の取締役人事案が可決された。現職の社外取締役の1人がファンド重視の姿勢を問題視して反対し、人事案が承認されるかどうか注目されていた。東芝は新経営陣の下、非上場化を含む再建策の絞り込みを急ぐ。

 東芝はファンドの推薦で就任した社外取締役4人の再任案も提示。13人の取締役のうち計6人をファンド関係者かファンドから推薦を受けた人物で占めることとなり、綿引万里子社外取締役(元名古屋高裁長官)は「取締役会の多様性や公平性、バランスを欠いている」と批判していた。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 東芝の株主総会会場に向かう人たち=28日午前、東京都新宿区
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]