米長期金利一時3・71%台 11年7カ月ぶり高水準

9/23 08:34

 【ニューヨーク共同】22日のニューヨーク債券市場の米国債相場は、米長期金利の指標となる10年債利回りが一時3・71%台まで上昇し、ロイター通信によると2011年2月以来、約11年7カ月ぶりの高水準となった。政策金利の動向に敏感な2年債利回りは一時4・16%台まで上がり、07年10月以来、約14年11カ月ぶりの高水準。

 米連邦準備制度理事会(FRB)が前日に0・75%の大幅利上げを決めるとともに、積極的な利上げを続ける方針を示したことから売り注文が膨らみ、利回りが上昇した。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
[PR]