景況感3期連続で悪化、日銀短観 大企業製造業、原材料高で

10/3 10:50
 日銀の黒田東彦総裁

 日銀が3日発表した9月の企業短期経済観測調査(短観)は、代表的な指標である大企業製造業の最近の景況感を示す業況判断指数(DI)が6月の前回調査から1ポイント悪化のプラス8となり、3四半期連続で悪化した。中国のロックダウン(都市封鎖)などによる部品不足の影響は和らいだものの、ウクライナ危機や円安による原材料高が収益を圧迫した。

 大企業非製造業のDIは1ポイント改善のプラス14で、2期連続の改善となった。仕入れコスト上昇が下押し要因となったが、新型コロナウイルス流行「第7波」の影響が想定より小さく、宿泊や飲食などが改善した。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 日銀の黒田東彦総裁
 大企業の業況判断指数
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]