30年までに温室ガス25%減 IMF、パリ協定達成に

10/5 22:00

 【ワシントン共同】国際通貨基金(IMF)は5日、産業革命前と比べた気温上昇を1・5度に抑えるとしたパリ協定の目標を達成するには、2030年までに温室効果ガス排出量を22年比で25%減らす必要があるとの見方を示した。炭素税などの活用を促し、対応が遅れれば経済的な負担が増すと警告した。

 日本を含む各国は気候変動対策として、50年に排出量を実質ゼロとする目標を掲げるが、ロシアによるウクライナ侵攻でエネルギー価格は上昇した。世界では石炭火力発電への回帰の動きがあり、目標達成への道は厳しさを増している。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
[PR]