近未来型コンビニ開店、ローソン アバター接客、レジ袋撤廃

11/28 17:26
 近未来型の「グリーンローソン」で、カメラの前に立つ男性と対話するアバター(奥)=28日、東京都豊島区

 ローソンは28日、店内モニターに映し出された社員の分身のアバターで接客する近未来型の「グリーンローソン」を東京都豊島区に初出店した。プラスチックの削減を含む環境対策にも力を入れるため、同店ではレジ袋を完全に撤廃。来年1月10日から、弁当や総菜を購入した顧客への使い捨てフォークやストローなどの配布を廃止する。

 公共料金の支払いなどに対応する有人カウンターを除き、買い物は原則セルフレジで対応。レジ横のモニターに映したアバターが、セルフレジに不慣れな顧客に使い方を説明する。アバターを介して接客する社員には、介護に当たっている人や、障害のある人らを積極採用した。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 近未来型の「グリーンローソン」で、カメラの前に立つ男性と対話するアバター(奥)=28日、東京都豊島区
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]