小規模事業者は税額2割に軽減 来年10月インボイス導入で

11/30 19:26

 政府、与党は30日、来年10月のインボイス(適格請求書)導入で小規模事業者が消費税を納税することを選択した場合、来年10月から3年間、納税額を客から受け取った消費税の2割に軽減する方針を固めた。1万円未満の取引はインボイスを不要とし、事務負担も緩和する。2023年度の与党税制改正大綱に盛り込む。

 インボイスは品目ごとの税率や税額を記した書類。来年10月以降はインボイスがないと、事業者は自身が支払った消費税を客から受け取った消費税から差し引いて納税する仕入れ税額控除が原則できなくなる。

 インボイスを発行できるのは消費税の納税義務を負う課税事業者に限られる。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
[PR]