NY金、最高値 3年4カ月ぶりに更新

12/2 07:27
 スイスの工場で精錬された金の延べ棒=2022年7月、メンドリージオ(ロイター=共同)

 【ニューヨーク共同】1日のニューヨーク金先物相場は大幅反発し、取引の中心となる2024年2月渡しが前日比32・50ドル高の1オンス=2089・70ドルで取引を終えた。中心限月の終値として過去最高値を約3年4カ月ぶりに更新した。

 米連邦準備制度理事会(FRB)の利上げ停止観測が高まったことを背景に米長期金利が低下し、金利が付かない金の相対的な魅力が高まって買いが膨らんだ。

 これまでの終値の最高値は20年8月に付けた2069・40ドルだった。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 スイスの工場で精錬された金の延べ棒=2022年7月、メンドリージオ(ロイター=共同)
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]