NY円、一時146円66銭 2カ月半ぶり円高ドル安

12/2 08:11

 【ニューヨーク共同】1日のニューヨーク外国為替市場の円相場は対ドルで上昇し、一時1ドル=146円66銭と、9月中旬以来、約2カ月半ぶりの円高ドル安水準を付けた。米連邦準備制度理事会(FRB)の利上げ停止観測が高まって米長期金利が低下し、日米の金利差縮小を意識したドル売り円買いが広がった。

 午後5時現在は、前日比1円41銭円高ドル安の1ドル=146円75〜85銭を付けた。ユーロは1ユーロ=1・0879〜89ドル、159円69〜79銭。

 米長期金利の指標となる10年債の利回りは一時4・19%台まで低下した。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
[PR]