国内外ニュース

被災屋根にシート張り続け1年 大阪北部地震、地道な活動

2019年06月13日 21:40
損傷した屋根にブルーシートを張る中島武志さん=5月、大阪府茨木市
損傷した屋根にブルーシートを張る中島武志さん=5月、大阪府茨木市
 昨年6月18日の大阪府北部地震で被災した家屋の屋根に、応急措置としてブルーシートを張り続けているボランティア団体がある。大阪府茨木市が拠点の「レスキューアシスト」。地道な活動を始めてから1年がたつ。

 「今日は2軒張ります。安全に配慮していきましょう」。朝礼で代表中島武志さん(42)が仲間たちに声を掛けた。2016年に発足し、熊本地震などで活動してきた。メンバーは約20人で「被災者の不安払拭のために何でもやろう」がモットーだ。

 大阪府北部地震の翌月、豪雨災害として平成最悪の200人以上が犠牲となった西日本豪雨が発生。ボランティアの多くは岡山、広島、愛媛各県などの被災地に行くため大阪から離れた。

 それでもレスキューアシストは大阪で活動を続けた。突然いなくなれば被災者の不安を広げてしまう。「まだ100近くの依頼があった。それを残して他の場所に向かうなんてできなかった」と中島さんは振り返る。

 大阪府の住宅被害は5万5千棟を超え、たくさんの屋根瓦が損傷した。放置すれば雨漏りし、家屋にカビが生じて健康被害にもつながりかねない。だが屋根の修理業者は足りない。そんな事情がメンバーをシート張りに駆り立てた。

 依頼先に赴くだけではない。インターネット環境がなく、ボランティアの存在も修理業者の連絡先も知ることができない「情報弱者」にも目を向ける。高齢者や障害者で困っている人がいないか地域を歩き、時にはインターホンを押してきた。

 1年でブルーシートを張ったのは約900軒。依頼は今も途切れず、メンバーは屋根に上り続けている。
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から