山あいの小さな蔵で新酒の仕込み 相模原市の久保田酒造

10/24 16:03
 蒸し米を釜から蔵人が持つおけに移す久保田酒造の杜氏で社長の久保田徹さん=24日午前、相模原市緑区

 相模原市緑区の久保田酒造で24日、日本酒の本格的な仕込みが始まった。山あいの小さな酒蔵で、朝から蒸し上がったコメから「米こうじ」を作る作業などが行われた。タンクに移して発酵させて、12月1日から新酒の濁り酒として売り出す。

 新型コロナウイルスの影響で、飲食店向けの販売が減っていたが、杜氏で社長も兼ねる久保田徹さん(41)は「これから家飲みが多くなると見込まれる。例年より720ミリリットル瓶に詰める商品を多くする予定だ。今年はコメの出来が良いので、おいしく飲んでもらいたい」と話している。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 蒸し米を釜から蔵人が持つおけに移す久保田酒造の杜氏で社長の久保田徹さん=24日午前、相模原市緑区
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]