コンビニでスマホ使い証明書取得 マイナ搭載端末、都内で先行開始

12/1 11:56
 記者会見する鈴木総務相=1日午前、総務省

 総務省は1日、マイナンバーカード機能を搭載したスマートフォンを使い、コンビニで住民票などの証明書を取得できるサービスを始めると発表した。東京都内のローソンとファミリーマートで12月20日から先行開始し、来年1月22日以降、他の自治体にも広げる。

 対象は米グーグルの基本ソフト「アンドロイド」採用の端末で、マイナンバーカードの電子証明書を搭載しておく必要がある。

 鈴木淳司総務相は記者会見で「スマホだけでサービスが利用できる。今後、健康保険証や民間サービスでの活用が進むことで利便性が一層進む」と強調した。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 記者会見する鈴木総務相=1日午前、総務省
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]