宮崎の上田蒼大君グランプリ 小学生プログラミング大会

3/3 19:18
 「2023年度全国選抜小学生プログラミング大会」でグランプリの文部科学大臣賞に選ばれた宮崎県代表の上田蒼大君=3日午後、東京都港区

 独自のプログラムで制作したアプリやロボットなどを競う「2023年度全国選抜小学生プログラミング大会」が3日、都内で開かれ、グランプリの文部科学大臣賞に宮崎県代表の宮崎市立江平小5年上田蒼大君が選ばれた。

 上田君は自身が特定の状況で声が出せなくなる症状を抱えており、生成人工知能(AI)を活用し、人間の代わりに意思を伝えてくれるアプリを開発した。飲食店で注文するなど日常生活の場面に応じた会話文を作成して読み上げる。筆談より素早く、ジェスチャーより正確な意思伝達を目指した。

 審査員長の平井聡一郎・情報通信総合研究所特別研究員は「同じような困り事を抱えている人の未来を切り開くテクノロジーになった」と評した。

 準グランプリは栃木県代表の那須塩原市立黒磯小2年の大塚陽葵さんが受賞。あいおいニッセイ同和損保賞は秋田県代表の北秋田市立鷹巣小5年長谷川衣梨さん。アイティフォー賞は神奈川県代表の横浜市立西寺尾第二小3年三沢康太郎君、LINEヤフー賞は富山県代表の入善町立飯野小4年立塚悠馬君がそれぞれ選ばれた。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 「2023年度全国選抜小学生プログラミング大会」でグランプリの文部科学大臣賞に選ばれた宮崎県代表の上田蒼大君=3日午後、東京都港区
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]
[PR]