国内外ニュース

上皇さま「怪我ないか」と気遣い 75年、沖縄火炎瓶事件

2019年07月17日 21:03
上皇さまの皇太子時代の側近トップだった故鈴木菊男元東宮大夫が残した日記
上皇さまの皇太子時代の側近トップだった故鈴木菊男元東宮大夫が残した日記
 上皇さまの皇太子時代の側近トップ故鈴木菊男元東宮大夫(1906〜97年)が日記を残していたことが分かった。上皇さまが44年前の75年7月17日に沖縄県を初めて訪れ、糸満市のひめゆりの塔で火炎瓶を投げ付けられる事件が起きた際に「あの人は怪我はないか」と、案内役の女性を気遣う様子が記されていた。現場は「ぱつと火の海となる」と書き留められ、緊迫した状況が伝わってくる。上皇后美智子さまも同行していた。

 共同通信が17日までに日記の一部を遺族から預かった。鈴木氏はご夫妻の結婚にも尽力し、皇太子妃選考過程をメモにまとめていたことが既に明らかになっている。
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から