WHO「北半球で重大な岐路」 コロナ感染再び急拡大で

10/24 07:31
 世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長(ロイター=共同)

 【ジュネーブ共同】世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は23日の記者会見で、新型コロナウイルス感染症が欧州などで急速に再拡大している状況を巡り「パンデミック(世界的大流行)は、特に北半球で重大な岐路にある」と述べ「いくつかの国は危険な道を進んでいる」と懸念を示した。

 欧州の状況について、WHOで新型コロナの技術責任者を務めるバンケルコフ氏は「入院患者が増えており、今後数週間で集中治療室での治療態勢が許容量を超える」と推計。緊急事態対応を統括するライアン氏は、死亡者が急増する事態を防げているのは、医療機関が態勢を維持できている側面が大きいとした。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長(ロイター=共同)
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]