WHO、五輪決断は科学的根拠で 感染拡大抑え込みが「最善の道」

1/23 06:19
 ジュネーブのWHOの建物に掲げられたロゴ(ロイター=共同)

 【ジュネーブ共同】世界保健機関(WHO)で緊急事態対応を統括するライアン氏は22日、五輪開催の是非は「科学的な根拠や、その時点での危険性に基づき、決断しなくてはならない」と述べ、新型コロナ感染拡大を抑え込むことが「開催に向けた最善の道だ」と訴えた。

 「各国政府は、科学的現実と社会・経済的現実や政治との間でバランスを取らなくてはならない。日本政府は難しい立場に置かれている」と指摘。「東京で緊急事態宣言が出ている状況で五輪のことを考えるのは難しいし、人々の懸念もよく分かる」とした上で「日本政府は自国民と相談し、適切な結論を適切な時期に出すだろう」と期待した。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 ジュネーブのWHOの建物に掲げられたロゴ(ロイター=共同)
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]