ラニーニャが影響、気温高めに 3カ月予報6〜8月、気象庁

5/24 18:55
 気象庁=東京都港区

 気象庁は24日、全国の6〜8月の3カ月予報を発表した。ラニーニャ現象などが影響、気温は北・東日本で高く、西日本では平年並みか高い。降水量は全国的にほぼ平年並み。

 ▽6月 北日本は前半、数日の周期で天気が変わり、後半は曇りや雨の日が多い。東・西日本は曇りや雨の日が多い。沖縄・奄美は曇りや雨の日が少ない。

 ▽7月 北日本は曇りや雨の日が多い。東・西日本は前半は曇りや雨の日が多く、後半は晴れが多い。沖縄・奄美は晴れが多い。

 ▽8月 北日本は数日周期で天気が変わる。東日本の日本海側で晴れの日が多い。東日本の太平洋側と西日本、沖縄・奄美で晴れの日が少ない。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 気象庁=東京都港区
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]