東証続伸、再び最高値を更新 終値3万9233円、強い先高観

2/26 16:26
 3万9233円71銭で終値の史上最高値を更新した日経平均株価を示すモニター=26日午後、東京都中央区

 連休明け26日の東京株式市場で日経平均株価(225種)が続伸し、連休前22日に付けた終値と取引時間中の史上最高値を再び更新した。終値は22日比135円03銭高の3万9233円71銭。好調な企業業績を背景に株価の先高観が依然として強く、上げ幅は一時300円に迫った。前週末の米国株の上昇や、外国為替相場の円安ドル高基調も支えとなった。

 TOPIXは12・91ポイント高の2673・62を付け、バブル経済期だった1990年2月以来の高値を更新した。出来高は約18億4200万株だった。

 前週末の米国市場は、ダウ工業株30種平均が終値の高値を連日更新するなど総じて堅調だった。この流れを引き継いだ26日の東京市場では、朝方から幅広い銘柄で買い注文が優勢だった。

 取引時間中に東京外国為替市場で1ドル=150円台半ばまで円安が進み、輸出関連企業の業績を押し上げるとの期待も高まった。

 ただ連休前に大きく値上がりした半導体関連銘柄の一部には利益を確定する売り注文が出て、平均株価は午後に上げ幅を縮めた。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 3万9233円71銭で終値の史上最高値を更新した日経平均株価を示すモニター=26日午後、東京都中央区
 東京証券取引所
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]
[PR]