自民、長崎不戦敗で調整 東京は無所属候補検討

2/27 06:14
 東京・永田町の自民党本部の看板

 自民党は4月28日投開票の衆院3補欠選挙を巡り、長崎3区で独自候補を擁立せず不戦敗とする方向で調整に入った。長崎は衆院小選挙区定数「10増10減」で定数4から3に減員するため候補者選びが難航していた。東京15区では他党などとの相乗りを念頭に無所属候補の検討を進める。両補選とも自民議員の「政治とカネ」の問題に伴うだけに逆風が予想されている。複数の党幹部が26日、明らかにした。

 内閣や政党支持率が低迷する中、既に候補者を擁立している島根1区補選での勝利を確実にし、政権へのダメージを最小限に抑える狙いがある。

 長崎3区は安倍派の政治資金パーティー裏金事件で略式命令を受けた谷川弥一前議員=自民離党=の辞職に伴う補選。定数減の影響で現3区は次期衆院選から新2区と新3区に分割される。両選挙区の公認予定者は補選に出馬せず、地元からも「候補者擁立は難しい」との声が出ていた。立憲民主党と日本維新の会は擁立を決めている。

 東京15区は、江東区長選を巡り公選法違反罪で起訴された柿沢未途被告=自民離党=の議員辞職による。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 東京・永田町の自民党本部の看板
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]
[PR]